東大受験生刺傷「追試問題と爆竹」共通テスト17歳犯人の素性とテロ | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 東大受験生切りつけ「追試問題と爆竹」共通テスト17歳犯人の素性とテロが連続

東大受験生切りつけ「追試問題と爆竹」共通テスト17歳犯人の素性とテロが連続

東大受験生刺傷「追試問題と爆竹」共通テスト17歳犯人の素性とテロが連続
socialfill

 15日、大学入学共通テストの会場となっている東京・文京区の東京大学の敷地内で、17歳の少年が刃物で受験生の高校生ら3人を切りつける事件が発生した。

 70代の男性と男子高校生と女子高校生のあわせて3人が刃物で切りつけられるなどしてケガをしたとのことだ。怪我の程度は明らかになっていないが、意識はあるという。

 警視庁は現場にいた17歳の少年を逮捕。少年は共通テストの受験生で、被害者の高校生らとトラブルになっていたという。

 受験当日に起きたあまりにも卑劣な事件。受験会場に刃物を持って行った理由など、今後調べるべき情報は多くあるが……。

 多くの人が気にしているのが、被害にあった2人の高校生の今後だ。

『東大で受験してる人たち追試とかケアとかしてあげてほしい』

「世間からは『被害に遭われた受験生に、何らか追試等の措置を与えて欲しい』『東大で受験してる人たち追試とかケアとかしてあげてほしい』といった声があります。被害者でなくとも、周囲にいた学生の影響も懸念されています。

問題なく追試はなされると思いますが『追試は難しく作られる』『追試って難易度上がるって言うし、不安だろうな。犯人許せない』といった意見も。さすがに受験の運営側も通り魔は想定していないでしょうから、今後の動きが気になります……。

また、同日には東大駅前の改札付近で爆竹のようなものが投げられたという事件も起きました。こちらはケガ人はいないようですが、何という日でしょうか」(メディア記者)

 無関係なテロが続いた。信じがたい日になってしまった。
(文/編集部)