前山剛久「音声は捏造」神田沙也加文春の疑惑も編集長| Social Fill
カルチャースポーツ社会

前山剛久「音声は捏造」神田沙也加文春の疑惑も編集長は…

前山剛久「音声は捏造」神田沙也加文春の疑惑も編集長は…
socialfill

 昨年12月にこの世を去った、女優の神田沙也加さん。

 神田さんが、急逝直前に交際相手である俳優・前山剛久に「死ね」などの罵声を浴びせられていたこと、亡くなったホテルの部屋に遺書のようなものが遺されており、そこには前山への言葉があったことは「週刊文春」(文藝春秋)で報じられている。

 前山はすでに芸能活動を休止。状況を考えると「このまま引退では」とも言われており、所属するナベプロもこれ以上手の打ちようがないという印象だ。

 前山にとってはかなり厳しい状況になってしまっているが、まだ彼を信じるファンもいるようだ。

 そして「とんでもない見解」もある。

『音声が捏造では』という意見

「神田さんと前山さんの音声データを聞けない状況が続いているからか『音声が捏造では』という意見もあります。もし存在するなら文春がさっさと音声を流すべきではないか、という声が出てしまっています。そのせいで『存在しないのでは』という考えが生まれてしまっているのです。