神田沙也加「秋山大河への異常束縛」前山剛久の誓約書などの裏にある「願望」| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 神田沙也加「秋山大河への異常束縛」前山剛久の誓約書などの裏にある「願望」とは

神田沙也加「秋山大河への異常束縛」前山剛久の誓約書などの裏にある「願望」とは

神田沙也加「秋山大河への異常束縛」前山剛久の誓約書などの裏にある「願望」とは
socialfill

 昨年12月、札幌市内で亡くなった女優の神田沙也加さん。

 その唐突な死は大きな衝撃をもたらし、母の松田聖子や父神田正輝にも注目が集まった。

 そんな中、神田さんが亡くなる前まで交際していた俳優の前山剛久には批判が降り注いだ。前山と神田さんは結婚も意識した仲だったというが、前山が同棲予定だったマンションを勝手に解約するなどトラブルになり、神田さんの急逝直前には前山から複数回「死ね」と罵声を浴びせられた音声も「週刊文春」(文藝春秋)に暴露された。

 前山の対応は、神田さんが心療内科に通っていたことを考えると看過できない発言であり、交際中も元カノの女性と連絡を取り合っていたという点も、世間から批判が多く出ている理由だ。

神田さんはかなり束縛が強かった

 一方で、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、神田さんはかなり束縛が強かったと言われている。

 同誌では、過去に交際していた元ジャニーズJr.の秋山大河との破局について報じている。2017年に俳優の村田充と結婚したが、2019年に離婚。離婚の前に週刊誌で秋山との「不倫疑惑」が報じられていた。本人たちは否定したが、状況的にはグレーという扱いである。