前山剛久終了「死んだらみんな喜ぶ」神田沙也加侮辱と「超リッチ実家」生活 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 前山剛久終了「死んだらみんな喜ぶ」神田沙也加侮辱と「超リッチ実家」生活とは

前山剛久終了「死んだらみんな喜ぶ」神田沙也加侮辱と「超リッチ実家」生活とは

前山剛久終了「死んだらみんな喜ぶ」神田沙也加侮辱と「超リッチ実家」生活とは
socialfill

 やはり続報はあった。

 昨年12月18日に亡くなった神田沙也加さんに関し、新たな情報が出た。出したのは「文春オンライン」(文藝春秋)である。内容は、交際中だった俳優の前山剛久に、神田さんが「罵声」を浴びせられる音声があったというものだ。詳細はネットの無料記事や各サービスの有料記事、ならびに6日発売の「週刊文春」をご覧いただきたい。

 無料で公開されている情報によれば、2人は同棲予定だったマンション契約などで口論になり、しまいには前山が「死ね」という表現を複数回使ったという。

 さらには「もう死ねば。みんな喜ぶんじゃない?」という発言まであったとか。この内容だけを見ればほとんどDVに近いような言葉にも聞こえてくるが……。

『死んだらみんな喜ぶ』という言葉を正当化はできない

「神田さんは精神的に不安定だった、心療内科に通っていたというのはすでに報じられており、前山さんに元カノと連絡を取らないことなどの誓約書も書かせたと言います。前山さんもかなり参っていたのかもしれませんが『死ね』『死んだらみんな喜ぶ』という言葉を正当化はやはりできません。