芦田愛菜「活動休止も」周防郁雄社長と実力で余裕| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 芦田愛菜「活動休止も」周防郁雄社長と実力で余裕…一切のスキがない?

芦田愛菜「活動休止も」周防郁雄社長と実力で余裕…一切のスキがない?

芦田愛菜「休業間近」周防郁雄社長と実力で余裕…一切のスキがない?
socialfill

 2022年3月のNHK土曜ドラマ『エンディングカット』で主演する女優の芦田愛菜

 天才子役として2010年代に登場し一世を風靡した芦田。その後進学などで一時露出が減少したが、高校進学とともに再びメディア出演が増加。成長してからも大人びた印象は変わらず、本質をとらえた発言の数々から再びの人気を獲得している。

 そんな中での「NHKドラマ初主演」。共演は広末涼子と佐藤隆太とそれなりに力を入れている作品であり、この流れで「NHK朝ドラ主演は決まった」という声も多い。

 しかし、芦田は学業も極めて優秀だそうで「東大進学」「医学部進学」といったウワサもあり、近々芸能活動をセーブするという意見もある。

 せっかく大人気の状況でもったいないような気もするが、より大きな目標があるならそれも仕方ないことだ。

 また「いつ復帰しても安泰」とは常に言われているところだ。

実力とインテリを鼻にかけない好感度

「芦田さんの女優としての実力は確かですし、インテリを鼻にかけない好感度も持ち合わせています。学業優先で数年フェードアウトしようと市場価値に変化はなさそうです。