シバター「LINEは事実では」RIZIN八百長疑惑に新疑問の釈明| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • シバター「LINEは事実では」RIZIN八百長疑惑に新疑問の釈明…「炎上YouTuberなんて、話題になればなんでもあり」

シバター「LINEは事実では」RIZIN八百長疑惑に新疑問の釈明…「炎上YouTuberなんて、話題になればなんでもあり」

シバター「LINEは事実では」RIZIN八百長疑惑に新疑問の釈明…「炎上YouTuberなんて、話題になればなんでもあり」
socialfill

 YouTuberのシバターが、自身の「嫌疑」について釈明した。

 シバターは1日、自らの公式Youtubeで「八百長疑惑について」というタイトルをつけた動画をUP。

 この「八百長疑惑」は、大晦日の『RIZIN.33』において、K-1王者の久保優太をシバターが1R2分16秒に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決めて1本勝ちした試合についてである。

 この試合に関し久保が1日、「嘘をつく人生は嫌だな。 正直者が馬鹿を見るのか。騙されるより騙される方がいいのか。自分は真面目に誠実に紳士に生きたい。 色々疲れた。 事の経緯とかも全部きちんと話したい」とTwitterでコメント。さらに久保の妻も「これ以上は話したい事もあるけど、誰かが傷付く事になるので話さない。ダンマリ」などと意味深な発言を続けた。これが「八百長説」を噴出させた。それを匂わせるLINEも流出している(現在は削除)。それによれば、シバターが1R目は流すように、という申し合わせをして久保が了承している様子だ。

「のんだふりをしても、1ラウンドでマジに仕留めにいかなきゃダメでしょう」

 この件に関しシバターは「私、シバターは、昨日の久保さんとの試合において一切の八百長はしておりません。試合が始まってから試合が終わるまで、常に全力で本気で勝ちにいっていました」と八百長を完全否定。LINEについては「あれ捏造なんじゃないですか。誰がなんのために画像を作ったかわからない」とこちらも否定。