三浦春馬「解禁」アミューズ圧力説と天外者日刊スポーツ映画大賞に見るマスコミ| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「解禁」アミューズ圧力説と天外者日刊スポーツ映画大賞に見るマスコミ動向

三浦春馬「解禁」アミューズ圧力説と天外者日刊スポーツ映画大賞に見るマスコミ動向

三浦春馬「解禁」アミューズ圧力説と日刊スポーツ映画大賞に見るマスコミ動向
socialfill

 俳優の三浦春馬さんが日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の「ファンが選ぶ最高演技賞」を受賞。主演した映画『天外者』が、「ファンが選ぶ最高作品賞」に選ばれたと27日に発表された。

 ファンが投票する形で受賞作品や俳優を決める同賞は今年からの新設。中間発表時点で多くのファンが「三浦春馬さんに投票を」と呼びかけていたことも功を奏したのか、演技も作品も受賞という形になった。

 ファンの間でも「春馬くん、最高演技賞受賞おめでとう」「彼の芝居にかける情熱はすごい」「それだけ【天外者】が良質であり、この作品に懸ける春馬くんの熱量も伝わってきた」「やはり春馬くんは天外者!」など、祝福のコメントが相次いでいる。

 また「日刊スポーツは圧力に負けなかった」といった声も……。

『圧力があったのでは』という憶測

「三浦さんが昨年7月に亡くなってから、多くのメディアは三浦さんの件について報じず、所属事務所アミューズの死去当日に関する発表への疑問などもワイドショー等が一切触れないということがあり、疑問の声が多くありました。アミューズが大手だけに『圧力があったのでは』という憶測もあったんです。同じくファン投票で決まる、昨年の『日本アカデミー賞 話題賞』で三浦さんが選ばれなかった際にも『情報捜査されたのでは』というウワサが飛び交いました。