JRA横山武史「有馬記念騎乗停止」油断騎乗で情報錯綜…エフフォーリア| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRA横山武史「有馬記念騎乗停止」油断騎乗で情報錯綜…エフフォーリアの弟で

JRA横山武史「有馬記念騎乗停止」油断騎乗で情報錯綜…エフフォーリアの弟で

 JRAの横山武史が「油断騎乗」で2022年1月15日(土)から2022年1月16日(日)まで2日間の騎乗停止、と発表された。

 中山5Rに1人気ヴァンガーズハートに騎乗した横山騎手。最後の直線で楽に抜け出し先頭に。この時点ではセーフティリードと思われた。

 しかし、戸崎圭太騎乗の3人気ルージュエヴァイユがラスト200m過ぎから猛追。すでに横山騎手は手綱を緩めていたが、ルージュエヴァイユが最後の最後並びかけたところでゴールイン。写真判定の結果、ルージュエヴァイユがハナ差勝利していた。

 これにより「油断騎乗」で前述の騎乗停止になった横山騎手。

「エフフォーリアの弟で油断騎乗して二着」

 ファンからは「非常に大きなハナ差負けなのは間違いない」「外の1枠の馬をちらっと見て「あの脚色なら交わされない」と判断して緩めたけど内から差された感じ」「エフフォーリアの弟で油断騎乗して二着はあかんだろ」「暴動レベルの油断騎乗」など酷評されている。