JRA有馬記念「異常オッズ」デムーロ×ステラヴェローチェ「外国人優先」| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRA有馬記念「異常オッズ」デムーロ×ステラヴェローチェ「外国人優先」批判跳ね返す

JRA有馬記念「異常オッズ」デムーロ×ステラヴェローチェ「外国人優先」批判跳ね返す

JRA有馬記念「異常オッズ」デムーロ×ステラヴェローチェ「外国人優先」批判跳ね返す
socialfill

 26日に開催される、JRA年の瀬の風物詩・有馬記念(G1)。

 年間でもっとも馬券が売れる日として知られる恒例行事だが、今年は「波乱」は期待薄だろうか。

 昨年のJRA特別賞を受賞、現在2020年の宝塚記念→有馬記念→宝塚記念と牝馬初の「グランプリ三連覇」を継続しているクロノジェネシス、今年の皐月賞を制し、秋の天皇賞でコントレイル、グランアレグリアという中距離最強の2頭を下したエフフォーリアが抜けた人気になりそうだ。

 クロノジェネシスがリーディング1位のC.ルメール、エフフォーリアはここまで全レース騎乗し結果を残している今年の主役・横山武史。鞍上の信頼も抜群である。この2頭と比較すると他のライバルは一枚、もしくは二枚落ちる印象は否めない。

 ただ、何が起こるかわからないのが競馬である。ここはオッズの動きも含め期待したい馬が……。

金曜には『大量投資』

ステラヴェローチェですね。今年の神戸新聞杯を制し、クラシックはすべて掲示板に入っています。一方、後方一気の脚には安定感がありますが、エンジンのかかりもあるのか脚がさく裂したころには勝ち負けはついてしまっているというレースが続いています。