神田沙也加「子どもの矛盾」離婚と遺書、前山剛久「文春VSナベプロ」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 神田沙也加「子どもの矛盾」離婚と遺書、前山剛久「文春VSナベプロ」状態に

神田沙也加「子どもの矛盾」離婚と遺書、前山剛久「文春VSナベプロ」状態に

神田沙也加「子どもの矛盾」離婚と遺書、前山剛久「文春VSナベプロ」状態に
socialfill

 18日、札幌市内のホテルから転落しこの世を去った、女優の神田沙也加さん。

 当初は事故と自殺両面の可能性があるという話だったが、神田さんが転落した部屋に「遺書」のような書き置きがあったことが明かされるなど、世間では自殺よりの扱いを受けている。

 そして「週刊文春」(文藝春秋)が、その遺書の内容を明かしたことがさらなる話題を呼んでいる。文面には公演中のミュージカル『マイ・フェア・レディ』で共演していた俳優の前山剛久に対するメッセージがあったという。2人の交際は周囲の公認だったのだが、書き置きには「彼に酷い目に遭わされた」などとあり、2人で同棲する予定だったような内容もあるようだ。

「文春」の内容と前山の発言が食い違っている

 急逝後、前山は「将来を見据えたお話もさせていただいておりました」と事務所を通してコメントしており、「前山との間に確執があり、沙也加さんが悩んでいたとも報じられていますが、そうしたトラブルはすでに解決していた」とも。

「文春」の内容と前山の発言が食い違っている状況だが……。

「本当のところは亡くなった神田さん、前山さん本人にしかわからないことですね。