寺脇康文舞台降板「三浦春馬に続き…」神田沙也加さんも急逝。前山剛久も| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 寺脇康文舞台降板「三浦春馬に続き…」神田沙也加さんも急逝。“恋人”前山剛久も同じくで

寺脇康文舞台降板「三浦春馬に続き…」神田沙也加さんも急逝。“恋人”前山剛久も同じくで

寺脇康文舞台降板「三浦春馬に続き…」神田沙也加さんも急逝。“恋人”前山剛久も同じくで
socialfill

 俳優の寺脇康文が、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』を降板することがわかった。

 同作で別所哲也と交代でヒギンズ教授を演じた寺脇。18日に札幌市内のホテルの高層階から転落して亡くなった神田沙也加さん演じるイライザと共演していた。

 寺脇は「舞台人として、どうあるべきか、本当に悩みました。プロ意識に欠けるのかもしれません。それでも、イライザとヒギンズの二人三脚で作ってきたこの作品をこのまま続けることは今の僕には難しく、東宝さんをはじめとするカンパニーの皆さんもそのわがままを受け入れてくれました」としている。今後はWキャストだった朝夏まなと、別所哲也、寺西拓人の「チームA」のみで公演を行う。

『マイ・フェア・レディ』は寺脇にとって大切な作品であり、2013、16、18年に続く4度目のヒギンズ教授だった。それだけに、今回の降板は重い。

三浦春馬さんも自死で…

「寺脇さんは、こちらもミュージカルで頻繁に共演していた三浦春馬さんを自死で昨年亡くしています。神田さんの唐突の死にも、信じがたいほどのショックを感じているのは想像に難くありません。一緒に稽古してきた間柄であればなおさらでしょう。