神田沙也加事故か「ホテルエーデルホフ札幌特定」不自然行動| Social Fill
カルチャースポーツ社会

神田沙也加事故か「ホテルエーデルホフ札幌特定」不自然行動も…

神田沙也加事故か「ホテルエーデルホフ札幌特定」不自然行動も…
socialfill

 19日、札幌市内のホテルで窓から転落し、その後死亡が確認されたと報じられた女優の神田沙也加さん。

 人気女優の唐突な訃報に世間の衝撃は大きく、北海道警察は自殺の可能性もあるとみて調べを進めている。突然のことだけに自殺の可能性が取りざたされるのは必然と言えるだろう。

 もし本当に自殺だったとするならば、極めてプライベートな事柄だけに理由は本人にしかわからない。そして、その理由を詮索することにどこまで意味があるのかという意見ももっともである。

 しかし、当時の状況などを考えると「事故」の可能性も捨てきれないという。

14階までの低層部と15階から22階までの高層部

「神田さんが宿泊したのは札幌の『ホテルモントレエーデルホフ 札幌』ですね。『デイリー新潮』(新潮社)などが『14階までの低層部と15階から22階までの高層部の2段構造』などと紹介しており、すでに特定されています。神田さんは最上階の部屋から14階部分に転落したということです。

また『新潮』では、最上階のスイートルームでは『部屋の窓にストッパーがついていたが、コロナ禍になってから換気を希望する宿泊客がいるため、外せるようになっていた』とあります。神田さんはその窓から転落したということです。