三浦春馬「ブレイブ」日本アカデミー賞受賞へ…新田真剣佑主演と昨年小栗旬| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「ブレイブ」日本アカデミー賞受賞へ…新田真剣佑主演と昨年小栗旬「話題賞」疑惑

三浦春馬「ブレイブ」日本アカデミー賞受賞へ…新田真剣佑主演と昨年小栗旬「話題賞」疑惑

三浦春馬「ブレイブ」日本アカデミー賞受賞へ…新田真剣佑主演と昨年小栗旬「話題賞」疑惑
socialfill

 今月10日から「第45回 日本アカデミー賞話題賞」の投票受付が始まっている。

 2021年に公開された日本映画が対象となり、一般人の投票形式によって行われる「話題賞」。一般の参加型で行われるということで、大きな注目を集めている。

 この賞は「作品部門」と「俳優部門」の2つに分かれており、昨年の作品部門はアニメ映画『鬼滅の刃』、俳優部門は小栗旬(『罪の声』)が選ばれている。

 今年も多くの投票が行われるが、昨年は「アノ俳優」に絡んで疑問の声も出たが……。

『話題賞』の投票に関しても呼びかけや運動

「昨年は7月に俳優の三浦春馬さんが亡くなり、世間に衝撃が走りました。ファンのみなさんの動揺や運動も頻繁に起こり、それは今も続いている状況です。

昨年はとりわけファンがSNS上で発信していましたが、この『話題賞』の投票に関しても呼びかけや運動が多く、実際に多くの人が投票したようです。

しかし、結果は小栗さん。『鬼滅の刃』は納得ですが、俳優部門には疑問の声が多かったですね。