YOASOBI・幾田りら「母と出演」音楽番組ボロ負けの過去| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • YOASOBI・幾田りら「母と出演」音楽番組ボロ負けの過去…それでも売れまくり

YOASOBI・幾田りら「母と出演」音楽番組ボロ負けの過去…それでも売れまくり

YOASOBI・ikura「母と出演」音楽番組ボロ負けの過去…それでも売れまくり
socialfill

 昨年もっともヒットした「夜に駆ける」を筆頭に、若者を中心絶大な人気を誇る音楽ユニット「YOASOBI」。

 先日には初の武道館ライブを行い、名実ともに日本の音楽シーンの中心に躍り出た。コンポーザーのAyase、ボーカルのikura(幾田りら)のタッグに対する注目度は高い。

 そんな中「女性セブン」(小学館)がikuraの知られざる過去を報じている。彼女は小学生のころから作詞作曲を始め、高校時代には勝ち抜きの音楽バラエティ番組にも出演していた。

そこから数年でトップに輝いた

「『音楽チャンプ』(TBS系)ですね。優勝候補の『琴音さん』と対決し、彼女は惨敗しています。そこから数年でトップに輝いたわけですから、運も持っているということです。

当時の映像を見る限りでは明らかに琴音さんのほうが上手です。だからと言って売れる売れないは別の話ということなのかもしれません。

一方、武道館ライブでは『思ったより歌が下手』と厳しい評価もなされています。これからはライブも増えるでしょうし、世間の目は厳しくなっていきますが、跳ね返せるかどうかですね」(メディア記者)

『音楽チャンプ』には母親も付き添いで出演しており、母も音楽関係者。二人三脚が実ったと言えるが、今後はどうなるのか。
(文/田中陽太郎)