三浦春馬「2022年も続く疑惑」天外者ギグリーボックス宣言| Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「2022年も続く疑惑」天外者ギグリーボックス宣言に見る明暗

三浦春馬「2022年も続く疑惑」天外者ギグリーボックス宣言に見る明暗
socialfill

 先日、俳優の三浦春馬さん主演映画『天外者』の1周年記念上映が行われ、大きな反響を呼んだ。

 配給のギグリーボックスは、興行収入2503万4640円、動員1万7623人を記録したと発表。公開から1年を経てのこの盛況ぶりに驚きの声も多い。

 昨年7月に亡くなった三浦さん。その衝撃と悲しみは多くのファンの中で未だに癒えていない。賛否のある全国各地での「再捜査を求めるデモ」も行われており、三浦さんの件が多くの人の中で終わっていないことを表している。

 愉快犯は論外と言えるが、これからも三浦さんを語り継ぎたい、と思う人々の気持ちはやはり無碍にするものではないだろう。所属事務所アミューズもその辺とより近く寄り添えるといいのだが……。

 一方『天外者』の配給会社はこの勢いを継続するようだ。

2022年もまだまだ『天外者』

 配給会社のギグリーボックスが16日、公式Twitterで「去年の年末に2021年もまだまだ『#天外者』!とツイートし、この作品を1人でも多くの人にお届けしたいと動いた2021年もあと僅か。」とし「引き続き混沌としている今、主演 #三浦春馬 の新たな代表作から熱いメッセージを受け取ってもらいたく、2022年もまだまだ『天外者』! そう思ってます。」とツイート。