三浦春馬を冒涜の「仙台デモ」異常ファンの大騒ぎにドン引きの“ロケ地”| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬を冒涜の「仙台デモ」異常ファンの大騒ぎにドン引きの“ロケ地”とは

三浦春馬を冒涜の「仙台デモ」異常ファンの大騒ぎにドン引きの“ロケ地”とは

三浦春馬を冒涜の「仙台デモ」異常ファンの大騒ぎにドン引きの“ロケ地”とは
socialfill

 昨年7月に亡くなった俳優の三浦春馬さんに関する「デモ」が全国各地で起きている。

 昨年7月に唐突に亡くなった三浦さん。自宅のクローゼットでの自死と伝えられたが、その後ファンを中心に疑問の声が噴出。所属事務所アミューズの発表に矛盾があるという指摘や陰謀論が多数出たことで「本当に自死なのか」という疑惑が拡大している。

 そんな疑問が大きくなり、自死から1年ほどでデモが勃発。東京や大阪、名古屋、地元の茨城など全国的に展開されてきている。

 そして15日には仙台でデモが行われた。ネット上では「なんか仙台で三浦春馬さんのことについてなんかやってる すげえ人数」「仙台駅のアーケードで三浦春馬は他殺だったってデモ起きててビビった」などと反応もある。

 実はこの仙台、ファンにとっては重要な土地なのだ。

『アイネクライネナハトムジーク』のロケ地

「仙台は三浦さんの主演映画『アイネクライネナハトムジーク』のロケ地です。共演は多部未華子さんなどで、当時話題になりました。