三浦春馬に「死ね」今もくすぶる『あのドラマ演出』ファンの疑念| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬に「死ね」今もくすぶる『あのドラマ演出』ファンの疑念消えない理由

三浦春馬に「死ね」今もくすぶる『あのドラマ演出』ファンの疑念消えない理由

三浦春馬に「死ね」今もくすぶる『あのドラマ演出』ファンの疑念消えない理由
socialfill

 昨年7月にこの世を去った、俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんが亡くなってすでに1年半ほどが経過するが、今もなおその人気は健在だ。先日も最後の主演映画『天外者』が1周年記念上映という異例のイベントが行われるなど、ムーブメントを起こしている。

 三浦さんが生前出演していた作品、そして彼の演技が素晴らしいからこその人気であるのは間違いないだろう。

 一方で自死の理由、所属事務所アミューズの発表の矛盾や疑問、死の時系列への謎など、まだ区切りをつけられないファンが数多くいるのも間違いない。だからこそ未だに三浦さんに対し注目してしまうのだ。

 マスコミが不自然に三浦さんにかかわるニュースを取り上げないという声もあり、疑問はちょっとやそっとでは消えそうにない。

 最後に出演していた「あのドラマ」に関する疑惑も残ったままである。

『カネ恋』の演出は

「急逝の直前まで撮影していた『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の『演出』に関するものですね。