YOASOBI「ikura生歌下手」三浦春馬さんやジャニーズでも…中傷に| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • YOASOBI「ikura生歌下手」三浦春馬さんやジャニーズでも…中傷につながる恐れが

YOASOBI「ikura生歌下手」三浦春馬さんやジャニーズでも…中傷につながる恐れが

YOASOBI「ikura生歌下手」三浦春馬さんやジャニーズでも…中傷につながる恐れが
socialfill

 12月4日と5日に初の有観客ライブを開催した音楽ユニット『YOASOBI』。

 ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikuraのユニットで、2020年でもっともヒットした楽曲『夜に駆ける』で一躍有名になった。その後も「小説を音楽にする」ユニットとして多くのヒット曲を出している。

 そんな『YOASOBI』の有観客ライブということで大いに注目を浴びた。公式Twitterでは「チームYOASOBIは全員、最高に楽しい時間にできました。皆さまのおかげです。これからのYOASOBIもどうぞよろしくお願いします!」と喜びの声を出している。

 ただ、初の有観客ライブということで、ボーカルのikuraの「実力」が露わになったという声もある。

『下手すぎる』『音源とは違う』

「生配信もされたんですが『下手すぎる』『音源とは違う』といった声が多く『まいじつ』の記事にもなり話題になりました。想像していたのとは違うということでしょうか。

一方、ネット上では『ikuraの歌が下手とか言ってんの、素人は黙っとれって感じやな』『確かに生歌ちょっと違和感感じたけどあれはikuraちゃんが下手というよりは曲の難易度が高すぎる故だと思う』『ikuraちゃんの歌が下手とか上手いとか議論してるのを見ると気分が悪くなってくる』など擁護する意見もありました。