三浦春馬「デモ逮捕者」天外者1周年もメディア黙殺が終わる条件 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「デモ逮捕者」天外者1周年もメディア黙殺が終わる条件とは

三浦春馬「デモ逮捕者が」天外者1周年もメディア黙殺が終わる条件とは
socialfill

 俳優の三浦春馬さん主演映画『天外者』が、1周年記念上映を11日に迎える。

 1日限定の特別上映ということで注目を浴びているが、昨年7月に亡くなった三浦さんの「最後の主演映画」ということで、公開後異例のロングラン上映が続いていた。今回はファンの声に応える形での全国規模の記念上映となる。

 三浦さんが亡くなって1年半、未だファンの悼む声はやまない。亡くなった当日の時系列への疑問、アミューズの発表に納得がいかないことから、批判の声も多い。

 最近では全国各地で再捜査等を求めるデモも行われており、規模は大きくなっている。しかし、大手メディアが報じることはない。

メディアで取り上げられることはほぼ皆無

「公式Twitter『三浦春馬 & STAFF INFO』でこそ1周年記念上映を報じてはいるものの、メディアで取り上げられることはほぼ皆無に等しい状況です。それなりに異例の出来事だけにあまりにも少ない印象はあります。