三浦春馬『キンキーブーツ映像化』メディアの“変化”と城田優| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬『キンキーブーツ映像化』作品tourist DVD1位でメディアの“変化”と城田優の存在

三浦春馬『キンキーブーツ映像化』作品tourist DVD1位でメディアの“変化”と城田優の存在

三浦春馬『キンキーブーツ映像化』作品tourist DVD1位でファンの声と城田優の存在
socialfill

 昨年7月に自死で亡くなった俳優の三浦春馬さんの主演ドラマ『tourist ツーリスト』のブルーレイディスク(BD)とDVDが、週間映像ランキングでともに初登場1位となった。

 TBS、テレビ東京、WOWOWの3局横断で作られた同ドラマ。第1話のバンコク編は水川あさみ、第2話の台北編は池田エライザ、第3話のホーチミン編は尾野真千子を相手に、ミステリアスな男性主人公を三浦さんが演じている。

 3日に発売され、売れ行きは好調の様子だ。それも当然というべきか、今もなおSNS等で三浦さんの急逝を惜しむ声は後を絶たない。

「アノ作品」の映像化は

 今回の『tourist ツーリスト』の1位に「まだまだ、春馬君の名前を見ただけでも、胸が熱くなります」「素敵なパッケージで心に響く作品が形になって嬉しい」と喜ぶ声もあれば「日刊スポーツさん取り上げてくれてありがとう」と、自死という事情もあってかあまりメディアで報じられない三浦さん関連の報道自体に感謝する意見もある。

 急逝から1年半が経過し、メディアの対応も変わってきたということか。そして「アノ作品」の映像化を求める声も多い。