JRA武豊&武幸四郎「阪神JF制覇へ」強豪ステルナティーアが立ちはだかる | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRA武豊&武幸四郎「阪神JF制覇へ」強豪ステルナティーアが立ちはだかるが…

JRA武豊&武幸四郎「阪神JF制覇へ」強豪ステルナティーアが立ちはだかるが…

JRA武豊&武幸四郎「阪神JF制覇へ」強豪ステルナティーアが立ちはだかるが…
socialfill

 5日のJRAダート最強馬決定戦チャンピオンズC(G1)は、1番人気テーオーケインズが期待に応える圧勝劇を見せてくれた。

 松山弘平騎手とのコンビで完璧だった。道中5~6番手で進むと、残り200mで一気に抜け出し、追いかける昨年覇者チュウワウィザードも全く近づけずに6馬身差の圧勝。JRA・G1初勝利を達成した。

 レースは新王者誕生の衝撃的なレースだったが、人気こそなかったが見せ場があったのが、武豊騎乗のインティだ。

 好スタートから2番手につけたインティ。道中の折り合いも完璧で、直線では早め先頭に立つ。一瞬あわやと思われたが、最後は上位3頭に差されての4着。3着アナザートゥルースとはクビ差だっただけに、惜しいレースだったと言えるだろう。

 ここ最近はG1レースで存在感を示せなかった武豊騎手。インティは勝利こそ2年以上ないが、左回りコースであれば安定して掲示板や馬券圏に食い込んでいる。今回も掲示板にしっかり入って見せた。武豊騎手と同様、息の長い馬である。

3連勝中のウォーターナビレラに騎乗

 年末になって武豊騎手の存在感が徐々に出てきたが、来週は「主役」だ。2歳女王決定戦阪神JF(G1)では、デビュー3連勝中のウォーターナビレラに騎乗する。

 ウォーターナビレラは武幸四郎厩舎。兄弟でのG1挑戦ということで大きな注目を集めている。父は体質によって重賞戦線には行けなかったが、条件戦で圧勝を繰り返し注目されたシルバーステートである。