三浦春馬「新たな裁判」アミューズと過激ファン | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「新たな裁判」アミューズと過激ファンの白黒は…

三浦春馬「新たな裁判」アミューズと過激ファンの白黒は…
socialfill

 昨年7月にこの世を去った、俳優の三浦春馬さん。

 昨年、三浦さんの亡くなった衝撃はあまりにも大きく、未だ多くのファンがその死を悼み、所属事務所アミューズの対応や発表に納得いかないといった声も多くある。

 最近では東京の各所、大阪、名古屋、茨城などで「三浦さん死の再捜査」を求めるデモが頻繁に行われている。ネット上ではあからさまな愉快犯的陰謀論を喧伝する声もあり、その影響を受けてしまっている人も少なからずいるが、納得のいかない情報も少なくないのは事実としてある。

「デモやら陰謀論で三浦春馬さんは喜んでいない」

 ただ、大多数のファンは「デモやら陰謀論で三浦春馬さんは喜んでいない」「ファンにとってこういう過激な人は迷惑」といった意見であり、疑問はあるもののそっとしておくべきではないかという主張が通常だ。

「過激な運動をするファンに対し『裁判を起こせば良いだろ。憶測や印象捜査なTwitterやデモ。根拠無き陰謀説。くだらない。』『変な信者や陰謀論者が裁判して白黒決着つけないのは何故』という疑問の意見があります。もちろん三浦さんに関する裁判ですから三浦さんの家族が動かない限り無理なのでしょうが、必要以上に騒ぎ立てている印象は否めません。

アミューズはすでに『ネットの誹謗中傷に対する法的措置』についても発表しており、そのうち一掃される可能性はあるでしょうね」(メディア記者)

 こうした騒動はいつ終わるのだろうか。
(文/城島信二)