三浦春馬「消滅」城田優親友報道はあって「過去作品テレビ放送」がまるでない| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「消滅」城田優親友報道はあって「過去作品テレビ放送」がまるでない理由

三浦春馬「消滅」城田優親友報道はあって「過去作品テレビ放送」がまるでない理由

三浦春馬「消滅」城田優親友報道はあって「過去作品テレビ放送」がまるでない理由
socialfill

 昨年7月に亡くなった、俳優の三浦春馬さん。

 2日にはCSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河)にて、NHKで放送された大河ドラマ『おんな城主 直虎』総集編が12月29日にCS初放送されることがわかった。三浦さんは悲劇的な役どころで主人公直虎(柴咲コウ)との複雑な関係を持つ。当時は大いに話題になった。

 10代のころから数多くの映像作品に出演し、20代はまさに売れっ子としてそれこそ休みなく出演を続けていた。それだけに再放送や配信でも過去の三浦さん出演番組は多く、そのたびにSNSなどでは話題になる。

三浦さん関連の作品が放送される機会は少ない

「地上波では三浦さん関連の作品が放送される機会は少ないですけどね。『君に届け』や『永遠のゼロ』などヒット作もありますが、なかなか放送されることはありません。テレビドラマの再放送なども少ないですね。TBS系の生前最後のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』でもその演出や急逝後の対応に疑問の声が出ました。

やはりどここか“放送を避けられている”という声が出るのも仕方ないかなと。ただ、年明けには『コンフィデンスマンJP』2作品が放送され、ファンも喜んでいます。同シリーズの新作映画が公開されますので、その宣伝ではありますが。

一方、最近は三浦さんが注目されることと言えば『役を受け継いだ』といったことが多いですね。

生前力を入れていたミュージカル『キンキーブーツ』のローラ役が城田優さんになったのですが、マスコミがことさらに『三浦春馬さんファンも納得』『2人は親友』という情報を押し出すので『ファンは納得していません』『2人は本当に親友だったの?』『#ローラは三浦春馬さん一択です』などといったコメントやハッシュタグが溢れました」(メディア記者)

 ショッキングな出来事だけに三浦さんは基本的に大手メディアでは「避けられ」、さらに印象捜査もされているということなのだろうか。
(文/堂島俊)