鬼束ちひろ「友達思い」イメージ下がらず…No薬物証明とメンタル不調| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 鬼束ちひろ「友達思い」イメージ下がらず…No薬物証明とメンタル不調は浮き彫りに

鬼束ちひろ「友達思い」イメージ下がらず…No薬物証明とメンタル不調は浮き彫りに

鬼束ちひろ「友達思い」イメージ下がらず…No薬物証明とメンタル不調は浮き彫りに
socialfill

 救急車を蹴るなどとして先日器物破損で逮捕された歌手の鬼束ちひろ

 すでに釈放されているが、鬼束はもともとエキセントリックな人物で知られていた。今回の件も「なぜあの人が」というほど驚きがないのが実情だろう。

 今回は、一緒にパチンコ店に訪れていた友人が台の演出の光に卒倒し救急車を呼んだところ、周囲の客に「ギャンブル中毒を助けなくていい」などと言われ鬼束が激高。救急隊員にその客の逮捕を求めたが当然断られ、怒りに駆られて車を蹴ってしまったということのようだ。

薬物疑惑なども飛び出したが、結果は陰性

 薬物疑惑なども飛び出したが、結果は陰性。酒に酔っていたわけでもないようで、友人にひどいことを言われてキレた、というのが本当のところのようだ。

「今回の報道は唐突で驚きましたが、鬼束さんの評判が落ちたとかそういった感じではないですね。むしろ『友達思いじゃないか』なんて声まであります。もちろん救急車を蹴っ飛ばしたのは問題ですが……。

むしろ薬物や酒には手を出していないことが分かっただけマシだったのでは、という意見も。もちろん、シラフでもこうした行動をするほどメンタルは……ということも言えますが」(メディア記者)

 歌は上手で音楽の才能は間違いないのだが……今後こうした報道がないことを祈る。
(文/城島信二)