フジテレビ「櫻坂46原田葵を貶めた」内定リークに「希望退職募る企業」の悲哀| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • フジテレビ「櫻坂46原田葵を貶めた」内定リークに「希望退職募る企業」の悲哀も?

フジテレビ「櫻坂46原田葵を貶めた」内定リークに「希望退職募る企業」の悲哀も?

フジテレビ「櫻坂46原田葵を貶めた」内定リークに「希望退職募る企業」の悲哀も?
socialfill

 フジテレビのやらかしが止まらない。

 先日『週刊新潮』(新潮社)が、櫻坂46のメンバーの原田葵が、フジテレビの再来年春入社のアナウンサー採用試験で内定したと報じた。原田はまだ卒業もしておらず、この報道が事実だとしても入社は再来年と随分先だ。

 原田は自分の職業を考えて行動していただけで問題はないが、今現役で活動している原田がすでに「卒業してフジテレビに入社すること」は決まっているというのは、ファン心理としては悲しいだろう。原田に対し厳しい声が出る可能性もある。

 世間からも「これに関しては情報管理をしっかりしてない会社に非があると思う」「報道のあったテレビ局の人事部は至急情報の取り扱いを見直したほうがい」「フジテレビは情報統制出来ないのかな?放送局として問題なのでは?」など、フジへの不信感を口にする人も少なくない。

『いよいよ希望退職者まで来たか』

「フジテレビと言えば、満 50 歳以上、かつ勤続 10 年以上の社員を対象に希望退職者を募集すると発表しています。『アノフジテレビが』『いよいよ希望退職者まで来たか』と衝撃が走っています。

度重なる不祥事や不信感で視聴率も企業としての信頼もないフジテレビですからね。苦しい台所事情なのは想像に難くありません。

今回の原田さんの件も『話題作りでわざとリークしたのでは』という声もあります。良かれと思ったら管理能力を問われるという展開に……」(メディア記者)

 フジテレビらしいといえばらしい、か。だが原田の将来に暗雲をもたらした責任は軽くないだろう。
(文/城島信二)