中3死亡「いじめ断定コメ」乱立と甲本ヒロト注目…「公正世界仮説」の影響| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 中3死亡「いじめ断定コメ」乱立と甲本ヒロト発言注目…「公正世界仮説」の影響も

中3死亡「いじめ断定コメ」乱立と甲本ヒロト発言注目…「公正世界仮説」の影響も

中3死亡「いじめ断定コメ」乱立と甲本ヒロト注目…「公正世界仮説」の影響も
socialfill

 24日、愛知県弥富市の市立十四山中学校で、同中3年の伊藤柚輝さん(14)が校内で同級生の男子生徒(14)に腹などを包丁で刺され、搬送先の病院で約2時間半後に死亡が確認された。

 どこにでもある地方の中学校で起きた凶行。何かしらの「トラブル」があったのではないかと言われているが、具体的な理由はまだわかってはいない状況だ。

 しかし、ネット上ではすでに「よほどの殺意だし、いじめの報復だろうな」「中3死亡の件、いじめの報復なら仕方ない」「これがいじめられた末の復讐なら俺はこの子を支持する」といった意見が散見されている。今回の原因が、被害者による加害者へのいじめが根底にあるのではないか、というものだ。

 こうした意見が多い中で「何の情報もないのに、いじめが原因なんじゃとか言っている人が多くて悲しくなる」「そもそもいじめだったのかすらもわからない」と苦言を呈する声もある。一部報道では同級生の母親が「いじめ聞いたことなかった」ともある。

『公正世界仮説』と呼ばれる認知バイアス

「これは『公正世界仮説』と呼ばれる認知バイアスに近いかもしれません。今回の事件はあまりにもショッキングで凄惨なものです。仮に、被害者が明るく活発で『何も悪いことをしていない』として、それなのに今回のような凶行を受けたとしましょう。

それはつまり『悪いことをしていなくても大きな不幸は訪れる』ということになり、それは『何も悪いことをしていない“自分にも”理不尽な不幸が訪れかねない』ということに直結します。人間はそうした世界を否定し逃げたい気持ちが働き『悪いことをした人には、悪いことが起こる』と、公正な世界を求める傾向にあるのです。これは女性の性犯罪被害などで多く起こり、非のない女性側を責めることで二次被害にもつながりかねない問題もはらんでいます」(メディア記者)

 今回の事件を「いじめ」と考える人が多い中、シンガーソングライターの甲本ヒロトの過去の発言が注目されている。