大谷翔平「狩野舞子は…」国民栄誉賞だけじゃない“便乗”| Social Fill
カルチャースポーツ社会

大谷翔平「狩野舞子は…」国民栄誉賞だけじゃない“便乗”する人々

大谷翔平「狩野舞子は…」国民栄誉賞だけじゃない“便乗”する人々
socialfill

 メジャーリーグMVPに輝いたエンゼルスの大谷翔平選手が国民栄誉賞を辞退したことが22日、わかった。

 大谷選手はメジャーの「二刀流」で今年大活躍。日本人初の満票でもMVPで称賛の声が相次いでいるが、政府としても国民栄誉賞の授与を打診するのは自然か。しかし本人は「まだ早いので今回は辞退したい」との意向だったようだ。

 世間からは「政府の人気取りはやめて」「はやくも人気者にすがる政権、哀れだね」「政府が国民栄誉賞を差し上げるというのに辞退か? みたいでとても偉そうで嫌になります」「辞退ならわざわざ発表しなくていい」など、政府の動きに否定的な意見が多数である。

狩野舞子さんも“便乗”と言えなくもない

 大谷選手の前人未到の活躍を考えれば、政府に限らず「便乗」したがる人は多いはずだ。

 テレビのワイドショーなどでも大谷選手が取り上げられる機会も多く、凱旋の記者会見でも岩本勉の悪ノリがバッシングを受けるといった出来事もあった。

「長らく交際説が出ている元バレー日本代表の狩野舞子さんも“便乗”と言えなくもない、とされています。