» w-inds「ジャニーズ圧力」の真相。緒方龍一引退で思い出すメリーの策略?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • w-inds「ジャニーズ圧力」の真相。緒方龍一引退で思い出すメリーの策略?

w-inds「ジャニーズ圧力」の真相。緒方龍一引退で思い出すメリーの策略?

w-inds「ジャニーズ圧力」の真相。緒方龍一引退で思い出す事件
PhotoAC

 3人組ダンスボーカルグループ・w-inds緒方龍一が心身症を理由に31日をもって脱退、芸能界を引退することがわかった。

 事務所の発表によれば、心理社会的ストレスの影響から心身症と診断されたという緒方。もともと心身に不安があったようで、今回本人から脱退を決めたという。新型コロナウイルス蔓延の影響もあるという。

 世間からは「なんかかわいそうだな」「ゆっくり休んでほしい」という意見がある一方「久々にw-indsって聞いたな」「まだ活動していたんだな」と、懐かしがる声も多かった。

 w-indsといえば2001年にデビューし、日本レコード大賞を受賞するなど活躍。翌年は『NHK紅白歌合戦』にも出場。その後はアジア圏でも人気を博していた。

 しかし、その後徐々に出演が目減り。音楽番組でもバラエティでも見る機会が少なくなっていった。

DA PUMPともどもジャニーズに潰された?

「当時から『ジャニーズの圧力』が頻繁に叫ばれていましたね。ジャニーズ事務所は以前から『キャラが被るアーティストを排除すべく圧力をかける』なんてウワサがありました。w-indsが所属するライジングプロダクションは『DA PUMP』『三浦大知』も同じ目にあっている、という話もありましたね。

ただ、昨年ジャニー喜多川氏が亡くなった際には、橘慶太さん、ISSAさんから追悼コメントが出ており『被害者なのに?』と大きな話題になりました。一部では『圧力をかけていたのはメリー喜多川副社長』なんて話もありますが……今回、改めて注目を集めています」(メディア記者)

 緒方が抜けて2人になってしまったw-inds。DAPUMPは最近復活したが、こちらは厳しいだろうか……。

(文/Social Fill編集部)