JRAマイルCS「菅田将暉激ヤバサイン」インディチャンプがグランアレグリアすら粉砕| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRAマイルCS「菅田将暉激ヤバサイン」インディチャンプがグランアレグリアすら粉砕の理由

JRAマイルCS「菅田将暉激ヤバサイン」インディチャンプがグランアレグリアすら粉砕の理由

JRAマイルCS「菅田将暉激ヤバサイン」インディチャンプがグランアレグリアすら粉砕の理由
socialfill

 21日、秋競馬のマイル王決定戦マイルCS(G1)が開催される。

 大本命はG1競走5勝、ここが引退レースとなるグランアレグリアだ。マイルにおいては毎度規格外のパフォーマンスを続けており、マイル以下の通算成績は(8.2.1.1)とほぼすべて勝利している。直近のマイル戦はまさかの2着に沈んだ安田記念だが、展開の不利は明らかで豪脚の2着だった。2000mの天皇賞・秋でも現役最強クラスの有力馬と互角の戦いをしており、能力に疑いの余地はない。

 3歳マイル王で前走毎日王冠を圧勝したシュネルマイスター、復活の兆しが見えるサリオスあたりが人気だが、過去実績がある上、今回は「見えない後押し」があるのが、一昨年の同レース覇者インディチャンプだ。

強烈過ぎる「サイン」

 2019年の安田記念、マイルCSを制し同年のJRA賞最優秀短距離馬となったインディチャンプ。その時点では文句なしのマイル王だったが、翌年立ちはだかったのがグランアレグリアだった。2020年の安田記念はグランアレグリアに置き去りにされ、アーモンドアイにも差し切られる3着。マイルCSでは見事なレースぶりで一度は先頭に立つも、グランアレグリアの最後のキレ味に屈する2着となっている。そこからの4戦は勝利がない。

 全盛期は過ぎた、という見方もあるが、デビューから国内戦では掲示板を外したことがない安定感はやはり無視できない。グランアレグリアにはなかなか先着できないが、3歳シュネルマイスターやサリオス、グレナディアガーズらとは勝負付けはついておらず、むしろキャリアは明らかな格上だ。軽視は危険だろう。

 そして、今回は強烈過ぎる「サイン」が……。

「15日に結婚を発表した菅田将暉さんと小松菜奈さん。菅田さんとインディチャンプの誕生日が同じ2月21日なんです。これは強烈なサインと言えるのではないでしょうか。