永山瑛太「不倫と錦戸亮」激怒ツイートも木村カエラ“度量”| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 永山瑛太「不倫と錦戸亮」激怒ツイートも木村カエラ“度量”のおかげな理由

永山瑛太「不倫と錦戸亮」激怒ツイートも木村カエラ“度量”のおかげな理由

永山瑛太「不倫も平気」激怒ツイートも木村カエラ“度量”のおかげな理由
socialfill

 俳優・永山瑛太が18日に行ったツイートが騒ぎになっている。

 瑛太は「瑛太&木村カエラ夫婦はやっぱり不仲? 円満アピールも実態は…」とのタイトルで出されたメディアの記事に対し「うちの嫁を馬鹿にした奴、許さないぞ」とツイート。記事中には「結婚ソングの定番だった『Butterfly』も、今ではすっかりいわくつきの“縁起が悪い”歌だ」といった夫婦仲をいじるコメントもあった。

 2010年に結婚した2人には子どもが2人。最近も離婚の話題などはなく、SNSでは仲のいい様子もあった。そんな中での不仲記事に怒りを隠せないのはもっともだ。

 ただ、19日の「フライデー」(講談社)が、瑛太がその怒りツイートを即削除したこと、もともと血気盛んだったことを報じている。

錦戸亮さんを『ボコボコに殴った』

「若手のころからギラギラしていたという瑛太さん。酒に酔って暴れることもしばしばだったといいます。

けんかっ早い性格なのか、2018年には一緒に酒を飲んでいた錦戸亮さんを『ボコボコに殴った』とも報じられ、大騒ぎになったこともあります。武闘派というか、危うい部分はあるのかもしれません。

昨年には『週刊文春』(文藝春秋)で一緒に飲んでいた女性とマンション密会が報じられ、不倫疑惑もありました。そうしたこともあってか離婚危機は頻繁に言われていますが、木村カエラさんは大きなアクションもせず、泰然自若という感じ。奥さんの懐と度胸が違うという印象です」(メディア記者)

 カエラの度量で瑛太も安定(?)ということなのだろうか。
(文/堂島俊)