アミューズ「三浦春馬で疲弊か」法的措置の戸惑いと佐藤健ら| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • アミューズ「三浦春馬で疲弊か」法的措置の戸惑いと佐藤健らとの永遠の謎

アミューズ「三浦春馬で疲弊か」法的措置の戸惑いと佐藤健らとの永遠の謎

アミューズ「三浦春馬で疲弊か」法的措置の戸惑いと佐藤健らとの永遠の謎
socialfill

 大手芸能事務所のアミューズが、Twitterアカウント「株式会社アミューズ法務部」で19日に報告を行った。

 同アカウントは「当社及び所属アーティストに関するネット上での誹謗中傷につき、本日、東京地方裁判所において、法的措置を取りました。 すべての案件についてご報告はいたしませんが、度を超えた誹謗中傷等に対しては、引き続き厳正に対処します。いつも温かい応援と貴重な情報のご提供をありがとうございます。」とした。

 さらに「動画共有サイト上で不特定多数から寄付(カンパ)を集める者が、更なる動画を投稿していることを確認しました。荒唐無稽な情報にはご注意ください。」とさらなる詐欺行為にも注意喚起をしている。

 この情報に対し世間の反応も大きい。「皇室問題もそうだけど、三浦春馬さんの件も、事実と妄想の区別のつかない人達が感情的な暴走から法的逸脱行為を行っていると感じる」「陰謀論に傾倒するのは勝手だが故人を利用するのはやめて頂きたい」「いろいろあるだろうけど、一番深刻なのは三浦春馬さんに関係する案件でしょうね」など、主に昨年7月に亡くなった三浦春馬さんに関するものではないかと推察する声が多かった。三浦さんに関しては先月、亡くなる前の不自然な状況に対する説明を求めるデモなども行われている。

「他の芸能事務所も続いた方がいいと思う」

 また「他の芸能事務所も続いた方がいいと思う」「芸能事務所は芸能人を守る事を最優先にし、誹謗中傷は徹底的に訴えていって欲しい」と、昨今の誹謗中傷の多さを鑑みたコメントもある状況だ。