宮迫博之「差別発言」DaiGo問題で蛍原徹も決断か | Social Fill
カルチャースポーツ社会

宮迫博之「差別発言」DaiGo問題で蛍原徹も決断か…解散の裏側とは

宮迫博之「差別発言」DaiGo問題で蛍原徹も決断か…解散の裏側とは
socialfill

 17日、雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹が吉本興業の公式YouTubeチャンネルとABEMAにて、「アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会」を配信した。

 番組ではゲストとともに2人で歩んできたエピソードなど披露。FUJIWARA・藤本敏史は、「解散までせなダメなんですか? ここまでせなダメなことなんですか?」などと涙していた。

 闇営業問題から時間が経過したが、相変わらず宮迫への風当たりは強く、退社した吉本に復帰というのは極めて難しい状況。蛍原が解散を決断するのも至極真っ当だろう。

「彼」の件との関連性も

 無論、少し前から解散準備はしていたのかもしれないが、宮迫がYouTuberである点からタイミング的に「彼」の件との関連性も指摘されている。

「メンタリストDaiGoさんですね。先日YouTubeライブで生活保護受給者やホームレスに対する差別発言をしてしまったことで世間を巻き込む大炎上。『優生思想だ』ともう批判を浴び、本人が複数回謝罪している事態に。

最近はYouTuberの問題発言、行動が非常に多く、DaiGoさんの件はトドメの一撃といいますか……。

宮迫さんはDaiGoさんとよくコラボもしていましたし、彼もまたYouTuber。YouTuberの評判が下がる今、蛍原さんが分裂を選択するのも当然かもしれません」(メディア記者)

 宮迫は相変わらず「反省していない」とツッコまれている。遅かれ早かれということで。
(文/城島信二)