DaiGo炎上「DAIGOが心配の声」生活保護等発言に弟・松丸亮吾も反応| Social Fill
カルチャースポーツ社会

DaiGo炎上「DAIGOが心配の声」生活保護等発言に弟・松丸亮吾も反応で…

DaiGo炎上「DAIGOが心配の声」生活保護等発言に弟・松丸亮吾も反応で…
socialfill

 メンタリストDaiGo氏の生活保護受給者やホームレスの人たちに対するYouTube上の発言が炎上してしまった。

 DaiGo氏は動画で「生活保護の人に食わせる金があるんだったら猫を救ってほしいと僕は思う」「自分にとって必要のない命は、僕にとって軽いんで。だからホームレスの命はどうでもいい」とし、ホームレスに関しても「いない方がよくない?」などと発言した。

 これらの発言が炎上後の13日、DaiGo氏は自身のYouTubeライブ配信で「『視聴者の発言に辛口で回答する』というエンターテインメントとしての発言だった」「僕は彼らを殺すべきだとは言っていない。それではナチスと一緒だ。僕個人として彼らはどうでもいい、猫の方が大事というだけ」「(反論コメントに対して)皆さんよりも僕の方が彼らを助けている。たくさん納税しているから」などと回答した。

 もともと時折発言が炎上していたDaiGo氏だが、今回の炎上はこれまでのものの中でも最上級だ。多くの有識者、政治家も批判的なコメントを残している。

松丸亮吾もTwitterで発言

 また弟でタレントの松丸亮吾もTwitterで「今まで兄が炎上しても「また炎上してんな〜〜」くらいにしか思ってなかったし触れないようにしてたけど、人の命を軽く見る発言だけはさすがにダメです。それだけは絶対に許されない。今度会ったら絶対に論破するまで怒り続けます。今回ばかりは兄がおかしい。ごめんね。」など謝罪もしている。

 いずれにせよ、今回の件は大きな騒ぎになったので、今後もDaiGo氏がこの件について話す機会はあるかもしれない。

 また、あの人にも心配の声が。

「タレントのDAIGOさんですね。名前がローマ字の小文字大文字の違いなので、タレントに疎い人が勘違いしてDAIGOさんに攻撃しないだろうか、と心配する声もあるようです」(メディア記者)

 妙な飛び火はしないでほしいが……。
(文/堂島俊)