» 松本人志「言論統制」テレビ擁護の問題「誹謗中傷する奴ら」
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 松本人志「言論統制」テレビ擁護の問題「誹謗中傷する奴ら」

松本人志「言論統制」テレビ擁護の問題「誹謗中傷する奴ら」

松本人志「言論統制」テレビ擁護の問題「誹謗中傷する奴ら」
PhotoAC

 ダウンタウン松本人志の発言に賛否が巻き起こっている。

 31日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した松本。先日急死した『テラスハウス』出演者の木村花さんが、SNSで不特定多数の誹謗中傷を受けていた点に関し、自身の意見を述べた。

 松本は「誹謗中傷してるやつらが一番悪いに決まってて」と語り「番組が悪いとか番組の演出が、とかになっていくのが」と、フジテレビや番組制作側に対する責任を問う空気に疑問を呈していた。テレビ側のせいにすると、誹謗中傷した人間に「逃げ道」を作ることになる、ということのようだ。

 松本の意見に対し「そえらそうだ、最低」「言いっぱなしで逃げるやつらを許すな」と同意する意見が殺到する一方で「どっちもどっち」という声もなくはない。

『煽ったテレビに責任がないってことはない』

「『それはテレビ側を代表した意見で、制作側の責任も見るべき』『煽ったテレビに責任がないってことはない』『作り手の問題がゼロってことはないだろう』と、松本さんの意見を否定する声もないわけではありません。

今回の件は制作側が『炎上を見込んで作っている』という声もあり、客観的に見ても恋愛リアリティショーという形態そのものの問題がなかったとはいえません。また、たとえどんなにひどい中傷があっても、木村さんには亡くなってほしくはなかったです……。

悔やんでも悔やみきれない状況ではありますが、同様のことを起こさないためにも、あらゆる側面を検証する必要はあると思います」(メディアライター)

 松本の意見も一理あるものの、やはり「タレントの立場」でのものという声も多いようだ。

「松本さんの意見をそのまま同意すると、手を変え品を変え、同じような番組制作が起こる可能性は否定できません。

松本さんの考えだと、最終的に言論統制、の話にまで発展しそうですから……中傷する人々の問題は大きいですが、やはりそれだけとはいかないでしょうね」(同上)

 タレント側の意見は、やはりどうしてもテレビへの忖度を感じてしまうようだ。

(文/矢島俊)