坂上忍「小山田圭吾級のいじめ」指摘…同級生を「ロッカーに…」| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 坂上忍「小山田圭吾級のいじめ」指摘…同級生を「ロッカーに…」いとこも炎上で延焼続く

坂上忍「小山田圭吾級のいじめ」指摘…同級生を「ロッカーに…」いとこも炎上で延焼続く

坂上忍「小山田圭吾級のいじめ」指摘…同級生を「ロッカーに…」いとこも炎上で延焼続く
socialfll

 過去のいじめ問題が発覚し、東京五輪開会式の楽曲担当を辞任すると発表したミュージシャン「コーネリアス」こと小山田圭吾

 過去のインタビューで自身の凄惨なイジメ、虐待行為を自慢げに暴露したことを指摘され、世間から猛バッシングを食らった小山田。五輪開会式にふさわしくない、といった声が出るのは当然だ。

「20年以上前のことではあるんですが、そうした過去がありながら『なぜ五輪の楽曲を引き受けたのか』という点こそ問題で、これは批判されるのも仕方ないでしょうね。

今後の音楽活動は極めて難しくなり、何にせよ謝罪行脚などが必要になりそうです」(メディア記者)

あの「MC」にも指摘

 19日にはいとこで音楽プロデューサー田辺晋太郎氏がTwitterで「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」と発言し、こちらも炎上。すぐに「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪し、世間から呆れられている。

 小山田の事件は非常に問題だが、実はあの「MC」にも指摘がある。

「過去『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演する坂上忍さんが、同番組内で中学時代の同級生から『ロッカーに同級生をいれて階段から落とす』などひどいことをやっていたと暴露されています。

世間からは『坂上も指摘すべき』という声もありますが、過去に飲酒運転で逮捕されてもお咎めなしといったこともあるなど、どこ吹く風という感じでしょうか」(メディア記者)

 過去の行いが跳ね返ってくる人は多いようだ。
(文/堂島俊)