三浦春馬「自死の部屋」現在がヤバい…お別れの会で佐藤健らは | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「自死の部屋」現在がヤバい…お別れの会で佐藤健らの言及は

三浦春馬「自死の部屋」現在がヤバい…お別れの会で佐藤健らの言及は

三浦春馬「自死の部屋」現在がヤバい…お別れの会で佐藤健らの言及は
socialfill

 昨年7月に亡くなった俳優の三浦春馬さんの一周忌まで、あと10日。

 いまだ多くのファンの悲しみが癒えない中での一周忌ということで、大変な注目を集めているわけだが「女性セブン」(小学館)が、三浦さんが自死した「都内の自宅」に関し記事を出している。

 記事によれば、三浦さんの亡くなった都内の高級マンションはいまだ「空き屋」とのことである。

 今も時折ファンがマンションの前で手を合わせることもあるという。ネット社会では部屋も特定されやすく、賃貸にあげれば居住者が殺到し、さらなるトラブルになりかねないという懸念もあるようだ。

 マンション管理側としても当然といえる動向ではあるが、行われるはずだったがネットでの特設サイトが作られることになった「お別れの会」に関する情報もあった。

三浦さんの功績を称えるページ

「特設ページには三浦さんの功績を称えるページにはなっているようですが、交流のあった同事務所アミューズのタレントや俳優仲間などは出演しない、と書かれていますね。

」何とも寂しい印象もありますが、今はタレントそれぞれもSNSなどで発信する場がありますので、個々に任せるということかもしれません。

過去に親友といわれ、今やトップ俳優の佐藤健さんが三浦さんの件にコメントしないことなども注目されましたが、静かな一周忌にはなりそうです」(メディア記者)

 多くのファンが悼む日となりそうだ。
(文/城島信二)