パチスロ「上乗せ!上乗せ!上乗せぇぇ!!」すごいやつ登場!人気タイトル最新| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • パチスロ「上乗せ!上乗せ!上乗せぇぇ!!」すごいやつ登場!人気タイトル最新作とは

パチスロ「上乗せ!上乗せ!上乗せぇぇ!!」すごいやつ登場!人気タイトル最新作とは

パチスロ「上乗せ!上乗せ!上乗せぇぇ!!」すごいやつ登場!人気タイトル最新作とは
socialfill

 人気タイトルの新台情報!「上乗せ!上乗せ!上乗せぇぇ!!」すごいやつ登場!

 大人気タイトルの麻雀物語シリーズ最新作となる「麻雀物語4」のPVが公開され、パチスロファンから熱視線を受けている。

「麻雀物語」シリーズは、1991年にパチンコ「麻雀物語」でホールデビュー。2005年にパチスロ「初代麻雀物語」、12年に「麻雀物語2 激闘!麻雀グランプリ」、15年には「麻雀物語3 役満乱舞の究極大戦」が登場し、今も多くのファンから支持を受けている。

 気になるスペック面であるがPVによると、通常時はこれまでのゲーム性を継承し、ゲーム数とレア役でAT当選を目指す。AT「麻雀GP」は純増2.6枚の差枚管理型で、消化中はレア役などで対決発展させ、そこで勝利することが獲得枚数上乗せに繋がる模様。

上乗せ特化ゾーン「麻雀RUSH」も搭載

 さらに、人気の理由でもある上乗せ特化ゾーン「麻雀RUSH」も搭載しており、本機のファンを熱くさせている。

 また、本機の新機能として、上乗せの一部で突入する特殊ゾーンでの勝利をきっかけに、純増枚数4.7枚の上位AT「雀張DREAM」への昇格が行われる。レア役での上乗せ高確となり、大量上乗せが期待でき、大量出玉獲得のトリガーになっている模様。

 加えて、「雀張DREAM」終了後や有利区間終了後は、「天和ノ湯」へ移行。AT当選の「超」チャンスのゾーンであるとのこと。当選期待度は66%超もあり、引戻しへの期待は非常に高い。

 導入予定は9月とのことであり、詳細スペックも徐々にお披露目されるだろう。強力スペックの新台登場に期待感を禁じ得ない。
(文/金融パチ太郎)