新垣結衣「盗撮」逃げ恥影響で…星野源「実家閉店」など人気ありすぎの副作用 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 新垣結衣「盗撮」逃げ恥影響で…星野源「実家閉店」など人気ありすぎの副作用とは

新垣結衣「盗撮」逃げ恥影響で…星野源「実家閉店」など人気ありすぎの副作用とは

新垣結衣「盗撮」逃げ恥影響で…星野源「実家閉店」など人気ありすぎの副作用とは
socialfill

 先日、星野源と結婚した女優の新垣結衣

 世間から祝福の声が非常に多いのは、新垣と星野が共演し大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の影響もあるだろう。同ドラマで夫婦役を演じた2人が本当の夫婦になる……ファンが喜ぶのも当然といえる。

 しかし、あまりにフィーバーが大きかったのか、悪影響もあるようだ。「週刊女性」(主婦と生活社)が『逃げ恥』で使われた神奈川県のマンションに「聖地巡礼」が殺到しているという。

一部騒ぐ人がいるようで

 新垣と星野が演じた部屋、ということで人気が出るのは自然だ。ただ、そこは閑静な住宅街にあり、ファンが数多く来て写真撮影などをするのはやはり迷惑といえる。

「ほとんどの人はマナーもいいようですが、一部騒ぐ人がいるようです。すでにマンションは撮影禁止となっているそうですが、近隣住民からすれば当然といえるかもしれません。

夫の星野さんも『逃げ恥』が流行った当時、実家のジャズ喫茶にファンが殺到し、ご両親が疲弊して閉店した、という情報が出たことがありましたね。

あまりにも人気がある2人ですから、周囲によくも悪くも影響が出てしまうということでしょうか……」(メディア記者)

 こうしたことが少なくなることを祈りたい。
(文/ジェシー中目黒)