JRAピンクカメハメハ「地獄ローテ」急性心不全急死で森厩舎への疑問| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRAピンクカメハメハ「地獄ローテ」急性心不全急死で森厩舎への疑問も…

JRAピンクカメハメハ「地獄ローテ」急性心不全急死で森厩舎への疑問も…

JRAピンクカメハメハ「地獄ローテ」急性心不全急死で森厩舎への疑問も…
socialfill

 20日、JRA東京競馬場で開催されたユニコーンS(G3)で、11人気ピンクカメハメハが内ラチに衝突するように転倒、落馬した。

 鞍上の北村宏司騎手は負傷したが命に別条はなし。一方のピンクカメハメハは急性心不全により急死してしまった。落馬時点で非常に心配されていたが、悪い予感が的中してしまった。

 ファンからも「危険な倒れ方したから、嫌な予感はしてたがやはりダメでしたか」「サウジダービーでの勇姿、これからも活躍してくれると勝手に思ってたけど、絶対はなかった」「不自然な内への急斜行で、激突の仕方も衝撃的でした。苦しかったんだろうと思います」など、痛々しさに顔をしかめるようなコメントが相次いだ。

ピンクカメハメハの戦績から、疑問を投げかける声も

 競走馬の心房細動などは決して珍しいことではなく、常に骨折や屈腱炎のリスクもある。本当の意味で「命がけ」であることは間違いな。

 また、ピンクカメハメハの戦績から、疑問を投げかける声もある。

「昨年7月にデビューし、今年2月のサウジダービーを戸崎圭太騎手で勝利するなど、存在感を示していました。