DaiGo「高輪学園が回答」動画…クソ反応に「あとは世間がどう考えるか」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • DaiGo「高輪学園が回答」動画…クソ反応に「あとは世間がどう考えるか」

DaiGo「高輪学園が回答」動画…クソ反応に「あとは世間がどう考えるか」

DaiGo「高輪学園が回答」動画…クソ反応に「あとは世間がどう考えるか」
socialfill

 

 メンタリストDaiGoが19日、自身の母校・高輪学園との騒動に関し「先日の件で、母校から回答書が来たので、読み上げます。」というYouTube動画で言及している。

 発端はDaiGoの「切り抜き動画」で「自分の極端なくせ毛をパーマだとされ、縮毛矯正で無理やり治さざるを得なくなった。そうしたら髪の毛が茶色になり『髪が茶色は校則違反なので治してこい』といわれた」と、同中学時代に体育教官に傷つけられたというエピソードを語ったことだ。

高輪学園からさらなる「反応」

 その件に関し、過去の担任から「動画の削除依頼」がきたと15日に動画で回答。その剣に関し、19日に再び高輪学園からさらなる「反応」があったと動画で話している。

 同学園からは「担任の行動は、自身の判断」とした上で、「多少安易で軽率。動画は失礼であった」と主張。元担任のメールは2通あったが、DaiGoの動画は確認していなかったという。

 ただ、体育教官の行為は「極めて深刻な問題」としながらも「20年近く前の出来事で、未だ断定できていない。誰なのか教えて欲しい」とし、「今回の件を隠ぺいするつもりない。ただ、DaiGoに無闇に世間仁拡散されると、当学校の名誉が害される。一般や保護者から連絡も来ており、行動には気を付けてほしい」という考えを伝えたようだ。詳細は動画をご覧いただきたい。