フジテレビは「犯罪集団か」年収“激減”でステマ疑惑、パクリ謝罪、外貨規制| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • フジテレビは「犯罪集団か」年収“激減”でステマ疑惑、パクリ謝罪、外貨規制…

フジテレビは「犯罪集団か」年収“激減”でステマ疑惑、パクリ謝罪、外貨規制…

フジテレビは「犯罪集団か」年収“激減”でステマ疑惑、パクリ謝罪、外貨規制…
socialfill

 17日、フジテレビが読売テレビに謝罪した。

 今年2月の『超絶!THE空中サバイバル』が、読売テレビの『体感!奇跡のリアルタイム』と内容が酷似しているとして謝罪したようだ。「今後、放送内容の確認をさらに徹底することにより、このようなことがないよう再発防止に努めてまいります」としている。

 実際にあった航空機事故を題材にした番組内容の演出がそっくりだったわけだが、今時どの番組も似たり寄ったり、YouTubeから引っ張ってきたような動画で番組を作る場合も多く、今さらな話題、という反応だ。

 しかし、これが「フジテレビ」というのが、やはり突っ込まれている。

主要女子アナの「ステマ疑惑」

 フジHDは先日、外資規制違反の疑いが問われ総務省のお情けをもらい、その後主要女子アナの「ステマ疑惑」が浮上。さらに今回の「パクリ騒動」と、ルール違反をしまくっている印象だ。

 
「今やフジテレビは『問題のある放送局』という声ばかりで『ほとんど犯罪者集団』という声まであります。立て続けの不祥事に、モラルハザードも甚だしいですね。

外資規制違反は会社としての油断、女子アナステマ疑惑は勘違いのタレント気取り、、パクリ騒動は注意散漫と、もはや組織として弛緩しきっているのがわかります。