三浦春馬「一周忌までひと月」三吉彩花、佐藤健への中傷が懸念| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「一周忌までひと月」三吉彩花、佐藤健への中傷が懸念されるワケ

三浦春馬「一周忌までひと月」三吉彩花、佐藤健への中傷が懸念されるワケ

三浦春馬「一周忌までひと月」三吉彩花、佐藤健への中傷が懸念されるワケ
socialfill

 昨年亡くなった俳優の三浦春馬さんの月命日を18日に迎える。

 三浦さんが亡くなってすでに11カ月。来月には一周忌を迎えることになるが、ファンの間ではいまだ彼の死を惜しむ声はいまだ後を絶たない。

 むしろ一周忌が近づくにつれ、三浦さんの急逝に対する関心が再び高まっている印象だ。

 急逝の際には、所属事務所アミューズの発表の矛盾や、急逝直前まで撮影していたドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)での陰謀論的な疑惑や“激ヤセ”といった、数多くの疑問も改めて注目を集めている。

三浦さんと関連する人々への注目

 しかし、さすがに以前よりも陰謀論や過度な憶測は減少してきたように思われる。これでアミューズが「お別れの会」をしっかり開いてくれれば、ある程度の節目ということになるのだろうか。

 一方で、三浦さんと関連する人々への注目も、再浮上してしまいそうだ。

「三浦さんの急逝直後『最後の熱愛相手』として同事務所の三吉彩花さんが注目され、あらぬ誹謗中傷が巻き起こりました。三吉さんは現在竹内涼真さんと交際していますが、その報道でも一部で三浦さんのコメントが多く出ています。