三浦春馬「監視カメラ疑惑」まで…周囲が“異変”気づけなかった理由| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「監視カメラ疑惑」まで…周囲が“異変”気づけなかった理由とは

三浦春馬「監視カメラ疑惑」まで…周囲が“異変”気づけなかった理由とは

三浦春馬「監視カメラ疑惑」まで…周囲が“異変”気づけなかった理由とは
socialfill

 昨年7月に俳優の三浦春馬さんが亡くなって、すでに1年が経とうとしている。

 未だ多くのファンがその唐突な死を変わらず悼んでいる。亡くなる直前まで多くの仕事をこなしていただけに「周囲は気づいてあげられなかったのか」という疑問も残ったままだ。

 亡くなる直前まで撮影していた『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)では、回を重ねるごとに痩せ細っているのがわかる。それだけに「明らかに見た目が違う」という声もあり、誰かが手を差し伸べていれば……と考えずにはいられないファンもいる。

 当時は新型コロナウィルス蔓延の序盤で、未知の状況に世間が不安に駆られていた時期。それは芸能界でも同じことで、三浦さんの異変に気づかないのも仕方のないところか。

芦名星さん、竹内結子さんなど多くの芸能人が自死で

 昨年は他にも芦名星さん、竹内結子さんなど多くの芸能人が自死で亡くなっている。やはりコロナ禍の影響がないとはいえないタイミングではあるが、本当のところは本人にしかわからない。

 ただ、三浦さんに関しては、いまだに疑念が渦巻いている。亡くなった当時の状況や所属するアミューズの説明に疑問が生じたのも大きい。

 そんな中で、あらぬ疑惑も出てしまっている。