三浦春馬に「死ね?」カネ恋再放送で浮かぶ疑惑と「激ヤセベッドの姿」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬に「死ね?」カネ恋再放送で浮かぶ疑惑と「激ヤセベッドの姿」再び…

三浦春馬に「死ね?」カネ恋再放送で浮かぶ疑惑と「激ヤセベッドの姿」再び…

三浦春馬に「死ね」カネ恋再放送で浮かぶ疑惑と「激ヤセベッドの姿」再び…
socialfill

 6月6日、昨年放送された松岡茉優主演『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が、TBSチャンネル1にて一挙放送される。

 同ドラマは「清貧女子」と「御曹司の浪費家」という正反対の2人を描いたラブコメディ。松岡の相手役だった三浦春馬さんは、昨年7月に急逝。撮影中に亡くなったため、話数は4話短縮という形で放送された。

 未だ三浦さん関連の話題や作品に関する情報に、多くのファンは反応している状況だ。亡くなって1年近くが経つ中、ここへ来ての再放送が注目を集めるのは必然といえるだろう。

 しかし、同作に対しては否定的な意見が多い。

三浦さんは明らかに激ヤセ

「話数を経過するごとに三浦さんは明らかに激ヤセしており、ファンからは『痛々しい』という声が多くありました。ラブコメディですが『泣かずに見られない』という声もあります。

また、劇中に出てくる小道具に『ガイコツ』や『shine』など“ガスライティングなのでは”、と疑惑が持たれ、演出家が糾弾されるということもありました。