三浦春馬『太陽の子』見ないほうがいい? セリフのリンクとアミューズの事情| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬『太陽の子』見ないほうがいい? セリフのリンクとアミューズの事情とは

三浦春馬『太陽の子』見ないほうがいい? セリフのリンクとアミューズの事情とは

三浦春馬『太陽の子』見ないほうがいい? セリフのリンクとアミューズの事情とは
socialfill

 俳優の三浦春馬さんが出演する映画『太陽の子』の予告編が公開された。

 主題歌を福山雅治が担当。主演は柳楽優弥、有村架純、三浦さんとなっている。

 三浦さんは昨年7月に自死で亡くなり、世間は大きなショックに包まれた。あれから1年も見える時期になっても、陰謀論や死に納得がいかないファンの声は消えることはない。

 それだけに「最後の映画」といえる今作の注目度は大きい。もともとはNHKドラマとして放送されたが、今回の映画化で再び注目を集めそうだ。

「三浦さんの大ファンは見ないほうがいいのでは」

 第二次世界大戦下の日本で原子爆弾の開発に携わった若者たちの苦悩と青春を描いた作品だが、一部では「三浦さんの大ファンは見ないほうがいいのでは」という声もある。

「ドラマの中の三浦さんの言動が、あまりにも切ないです。『いっぱい未来の話しよう』『怖いよ、俺だけ死なんわけにはいかん』など、現実とリンクするかのような発言が随所にあり、昨年のドラマ放送の時点でも大きな話題になりました。

それだけに、ファンの心情を慮る声もあるのは事実ですね。