ワンオクTaka「テレビ不信」と三浦春馬…佐藤健との関係とメディア出演| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • ワンオクTaka「テレビ不信」と三浦春馬…佐藤健との関係とメディア出演の真相

ワンオクTaka「テレビ不信」と三浦春馬…佐藤健との関係とメディア出演の真相

ワンオクTaka「テレビ不信」と三浦春馬…佐藤健との関係とメディア出演の真相
socialfill

 5月31日、ONE OK ROCKのTakaが、佐藤健、大友啓史監督とともに『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した。

 珍しい民放トーク番組の出演ということで話題になったTaka。親友である佐藤とのプライベート秘話、またTakaが主題歌、佐藤が主演の映画『るろうに剣心』の話題など、大いに盛り上がった。

 その中でも、Takaの思わぬ発言が注目を浴びている。

 彼は「テレビはね、根本的に信用してないですね」「テレビを否定してるわけじゃないですけど、小っちゃい頃からのアレルギー反応と、ここに出続けることの苦しみは、一応出ない立場ですけど理解しているつもり」と自身の考えを明かしている。

幼少期からメディアやテレビを意識

 確かにワンオクがテレビに出ることが稀だが、元ジャニーズ事務所という状況が大きく影響していると見るのが一般的だった。しかし、そもそもスタンスがテレビに向かっていないということかもしれない。

「両親が超有名人ですし、幼少期からメディアやテレビを意識していたのかもしれませんね。Takaさんのスタンスにも大きく影響しているのは間違いなさそうです。

また、今回の発言で三浦春馬さんを思い出す声もあります。三浦さんは昨年亡くなりましたが、Takaさんは三浦さんとも友人関係でした。三浦さんの最後の出演ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』放送の際には、その演出などがガスライティングなのではなど疑惑も出ました。

演者にとってテレビは警戒すべきもの、ということを感じた人は多かったようです」(メディア記者)

 佐藤も三浦さんとは親友といわれていた。いろいろと思うところがそれぞれあるのかもしれない。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。