成田凌「自由な生活」結婚観に「問題起こすなよ」心配多数| Social Fill
カルチャースポーツ社会

成田凌「自由な生活」結婚観に「問題起こすなよ」心配多数の理由

成田凌「自由な生活」結婚観に「問題起こすなよ」心配多数の理由
socialfill

 5月27日、「with online」(講談社)が「成田凌が語った『理想の結婚生活』愛を感じた意外な経験とは?」と題した記事を公開。成田の最新主演映画『くれなずめ』にちなんで、成田の理想の結婚生活が掲載されている。

 同記事にネットでは「結婚の前に何かやらかさないか心配」と自由すぎる成田を心配する声が多数寄せられた。

『くれなずめ』は、結婚披露宴の余興をおこなうため集まった高校時代の帰宅部仲間6人が繰り広げる青春コメディだ。

 成田が演じるのは、優柔不断で心優しい男性・吉尾。同記事で成田は自身の性格を吉尾と重ね、「僕も“自由に”生きてきました」と明かしている。さらに、「奥さんがおにぎりとか作って持たせてくれて、それを食べることで一回疲れがとれる、みたいなのがいい」など、理想の結婚生活についても語った。女性の家庭的な一面に愛を感じるようだ。

「頼むから何も問題起こさないで」

 そんな成田に対し、「頼むから何も問題起こさないで」「いろんな作品に関わってる自覚を持ってプライベートを過ごしてほしい」「ほかの俳優は醜聞のリスクをかなり意識してそうだけど、成田凌は何も考えてなさそう」など、自由すぎるあまりスキャンダルを起こさないか心配する声が多数寄せられた。

 中には、「緊急事態宣言中に飲み遊んでいた人が何を語っても薄っぺらく感じてしまう」とのコメントも。

 成田といえば、5月25日発売の「女性自身」(光文社)で緊急事態宣言下にもかかわらず深夜に飲み歩いている姿を報じられたばかり。

 酒癖の悪さは業界でも有名な成田。先日放送が終了した連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)で演じた酒と女にだらしない“クズ夫”役も相まって、緊急事態宣言中に飲み歩く成田に対しアンチが急増しているようだ。

 成田が理想の結婚生活を送れる日はいつになるのだろうか。過去に熱愛が報じられた戸田恵梨香が結婚を発表したことも、彼の結婚願望を強めているのかもしれない。

 自由すぎる成田を射止める結婚相手とは果たして……。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。