木下優樹菜「世間大喜び」3億円裁判がメシウマすぎ| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 木下優樹菜「世間大喜び」3億円裁判がメシウマすぎ…フジモンへの矛先も

木下優樹菜「世間大喜び」3億円裁判がメシウマすぎ…フジモンへの矛先も

木下優樹菜「世間大喜び」3億円裁判がメシウマすぎ…フジモンへの矛先も
socialfill

 元タレントの木下優樹菜が、イメージモデルを務めていた化粧品会社「ロハス製薬」などから3億円近い損害賠償を求める民事訴訟を提起されていると報じられた。

 木下は一連のタピオカ騒動で芸能界を引退している。ロハス製薬とその関連会社であるアイア社は、騒動によりブランドイメージが毀損されたと主張しているわけだ。プラチナムプロダクションも「訴状は届いております。今後は弁護士と協議の上、適切に対応していきます」と報道の事実を認めている。「ロハス製薬株式会社及びアイア株式会社の主張はいずれも認められるものではないとの前提で、裁判において当社の主張を行い、本件の適切妥当な解決を図ってまいります」と抗戦の構えだ。

 未だ続く「タピオカ騒動」の余波。木下は引退後もインスタグラムを更新し話題を呼んでいるが、3億円ともなればさすがにのんきにもしていられないだろう。

 世間はといえば、この報道に“歓喜”だ。

「いいぞもっとやれ」

「身から出た錆。今だに芸能人気取りですが、事務所総出は出来ないよね。もしかしてこれを見越した偽装離婚だったのかな。ヤンキーなんだからケジメはつけましょう」「いいぞもっとやれ。3億円という額が適切かどうかは分からないが泣き寝入りすることはない。禊を済ませずにシレッと復帰を画策してるみたいだし、他にも損害を被った企業があるなら後に続くべし」「ここは大好きなSNSで自身の主張を明確にすべきでしょう。争うにせよ争わないにせよ、社会人として最低限の真摯な対応をしてほしい」などなど、テンション高めのコメントが大多数だ。

また「そもそもフジモンが今だに解決していないタピオカ問題でいじられて、それを笑いで返す精神が信じられない」と、元夫の藤本敏史の最近の言動にも矛先が向いている。

 また「離婚したのはこの損害賠償を見越していたのか。離婚していればフジモンの財産は無事で木下優樹菜も生活に困ることはないという」と、一昨年の離婚がそもそもこういった訴訟を見越していたのではないか、というものだ。

 まさかの「ない袖は振れぬ」昨年の疑惑も……裁判の行方に注目である。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。