新垣結衣「錦戸亮に苦悩」文春内容に衝撃…メンタル限界の“兆候”と事務所| Social Fill
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 新垣結衣「錦戸亮に苦悩」文春内容に衝撃…メンタル限界の“兆候”と事務所との関係

新垣結衣「錦戸亮に苦悩」文春内容に衝撃…メンタル限界の“兆候”と事務所との関係

新垣結衣「錦戸亮に苦悩」文春内容に衝撃…メンタル限界の“兆候”と事務所との関係
socialfill

 先日、星野源との結婚を発表した、女優の新垣結衣

 すでに多くのメディアで報じられている通り、ドラマで共演し昨年11月に交際に発展、半年でのスピード婚だ。25日深夜には星野がラジオ出演ということで、現場に多くのマスコミがごった返し、本人も驚いていた。

 そんなフィーバー状態が続く中「週刊文春」(文藝春秋)が、新垣の「実父」の独占インタビューを公開した。

 20歳前後で一気にブレイクした新垣だが、それだけに多忙などから相当な苦悩を重ねていたようだ。実の父が心配しないわけがないだろう。詳細はぜひ27日発売の本誌、並びにネットの有料記事をご覧いただきたい。

 また、無料部分には「錦戸亮との別れ、事務所との関係…」と記している。新垣の精神的な側面とつながっているのは間違いなさそうだ。

ほぼ同棲状態だった

「錦戸亮さんとは2013年ころにドラマ共演から交際し、ほぼ同棲状態だったといわれています。

ただ、根っからの遊び人である錦戸さんに超インドアである新垣さんは悩まないはずもなく、世間からも反対意見が多かったですね。結局数年後には虚構が報じられ、それ以降目立ったウワサはありませんでした。新垣さんのメンタルにダメージを与えたのは間違いなさそうです。

また、所属事務所は“トラブルが多い”レプロ。能年玲奈さんや清水富美加さんらがゴタゴタで辞めていく中、自身の不安につながっていったとしても不思議ではありません。一時期から、事務所は新垣さんが支えているような状況にも見えましたからね。

最近はCM出演がほとんどでしたが、それもまた疲弊の表れだったのかもしれません」(メディア記者)

 当分、ゆっくり休んでほしいものだ。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。