三浦春馬「加工侮辱」ゴム人間、まつエク| Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「加工侮辱」ゴム人間、まつエク…アミューズも動く異常行為が横行で

三浦春馬「加工侮辱」ゴム人間、まつエク…アミューズも動く異常行為が横行で

三浦春馬「加工侮辱」ゴム人間、まつエク…アミューズも動く異常行為が横行で
socialfill

 昨年7月18日に亡くなった三浦春馬さんに関し、新たな問題の火種が起きている。

 三浦さんが亡くなってすでに1年が近づいているが、いまだ多くのファンがその急逝を悼み、そして多くの出演作品に注目している。

 イケメン俳優として数多くのヒット作を有しており、それらを見直す人、SNSに画像や映像をあげて悲しみと愛を共有する人などさまざまだ。

 画像、映像に関しては著作権の問題もあるため無断使用は許されないが、出来事の大きさ等を考えればこうした行動が出てしまうのもやむなしではあるだろう。時代性というべきか……。

 ただ、その中でも「許されざる行為」をする人もいるようだ。

画像を“加工”して侮辱

「最近は、三浦さんの画像を“加工”して侮辱している人がいる、という怒りの声もあります。

三浦さんの顔写真をUpして、よくよく見ると『まつ毛がカールしている』『耳の形がおかしい』『手がゴムのようになっている』など、一部人物の投稿に指摘があります。

しかもそれを『なんか手がゴムみたいじゃない?』といったような“自作自演”をするという悪質ぶりだそうで、大いに批判されています。

何の目的でやっているのかはわかりませんが『死者を冒涜』といわれても仕方ない行為です。『あまりにもひどい』『鬼畜だ』などバッシングが強くなっており、それも当然といえるでしょう。

先日アミューズが、三浦さんに関する悪質デマや陰謀論に法的措置をとると報告していますが、こういった行為にも厳しい対処が必要になるでしょう」(メディア記者)

 あまりに無意味な愉快犯、といえるかもしれない。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
ラーメン大好きな所属記者。芸能記事を中心として活動しているが、本当はスポーツがやりたい。神奈川県出身。